前へ
次へ

審美歯科の治療の前に注意すること

審美歯科を受けることになる前に、チェックしておくべきことがあります。
健康保険が適応されるか否か、それから必要となる費用です。
健康保険は、怪我並びに病気など、命に影響が出る疾患の治療等を受けた際に適応となっているのが基本です。
適応されない医療を自由診療と言い、治療代金は一切合切患者負担になります。
したがって、自由診療を受けることになる場合、お金の面の負担が大きくなりやすいことになります。
審美治療については、健康保険が適応されるもの、してもらえないもののどちらもあります。
とくに、詰め物や被せ物をするケースでは、使用される材料や用いる所によって適応されるか否か決定されます。
一つの例として、セラミックや金を活用する場合、適応されません。
適応されるのは、樹脂あるいはプラスチックなどがあります。
自分自身が受けることになる審美歯科の治療はどういった中身なのか、保険適応されるかどうか、あらかじめきちんとチェックしましょう。

Page Top